トイレの水のトラブルに関する修理方法

温水洗浄便座はノズル部分の動作に不備が生じやすいですが、水漏れを起こすリスクもあります。温水洗浄便座は電気と水を使用する機械なので安全に修理しないと漏電の恐れがあり、家庭で直せる範囲と水道修理業者にお願いした方がいい範囲の見極めが大切です。近年国内では温水洗浄便座の普及が進み、約8割の家庭に設置されています。温水洗浄便座を修理する際は、止水栓を閉め、コンセントを外すことから始めましょう。止水栓はトイレ脇にあることが多いです。なかには止水栓がトイレのタンクの下にあるタイプもあります。

■よくある温水洗浄便座の水のトラブル

温水洗浄便座のノズルから水が止まらなくなった時は、ノズルの故障も考えられますが、リモコンの電池が切れている可能性もあるので、まずは電池を交換してみます。電池を換えても水が止まらない時は、温水洗浄便座自体の故障が考えられるので水道修理業者に依頼してください。
またノズルが出たままになっている時は、ノズルの内部が壊れていると考えられます。ノズル内部のバネが伸び切っている時は業者を呼び交換してもらうとよいですが、手で奥に押すと引っ込む時もあるので、業者に来てもらう前に一度挑戦してみてください。トイレリフォームが必要になる前に解決しましょう。

■自分で解決できない水のトラブル

温水洗浄便座自体が壊れている際は水漏れが起き、床が水浸しになります。トイレの製品外部が濡れている時も水漏れを疑ってみてください。ノズルから出る水は便座についている水を通す管で運ばれますが、管に亀裂が入っていると水漏れが起こります。温水洗浄便座の水漏れは感電リスクを伴うため、業者にお願いしましょう。
また温水洗浄便座には水を抜くための栓がついています。栓のパッキンが劣化すると水漏れになる場合があり自分で修理するのは困難です。温水洗浄便座から水漏れをした場合、機械を分解すると水漏れを悪化させることもあります。漏電により火災のリスクも伴うため自己判断で修理をしない方がよいです。

■まとめ
温水洗浄便座の交換は水のトラブルを扱う水道修理業者でも取り扱っている所があります。水道修理業者は扱う項目が多く、タンクの交換なども行っているのが特徴です。温水洗浄便座を交換する際は、基本料に材料費が加算されることが多く、各メーカーの便座の中から適した商品を選ぶことができます。水道修理業者に頼めば、水のトラブルの原因を正しくつきとめられます。排水口の点検も一緒に頼めるメリットもあるので安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ