水道管で起きる水のトラブルの解決方法

水のトラブルの中でも厄介なのが水道管の破裂です。水道管が損傷すると、家庭で使う水が止まるため生活に支障をきたします。水が出ないとお風呂やトイレが使えなくなり、台所で調理ができなくなります。水道管が壊れる理由は気温低下時の凍結が多いので、寒い地域や冬によく見られます。長年使用した水道管は亀裂が入りやすいので気を付けなくてはいけません。地震により水道管が壊れた場合は、水が噴き出すこともあります。水道管は修理が複雑なため個人で直すのは困難です。

■水道管の水のトラブルが起こす危険性や対処法

水道管に亀裂が入ると、屋内や屋外で水漏れを起こします。酷い時は屋内で水を使用する場所が水浸しになることがあります。トイレで水漏れを起こすと汚水が逆流するケースもあり、汚れた家具の買い替え費用などがかさみます。
水道管の水漏れを起こした場合は元栓をしめ、亀裂の入った部分にテープを貼って水の流出を防ぎます。テープを貼っても水が出る時は、水道管を切断し水が出ている側へ棒状の物をさしこみ水の流れをせき止めておく応急処置もあります。水道管の切断の対処法は応急処置でしかなく、水のトラブルを悪化させるリスクも伴います。水道管が壊れた際は水道 工事が早急に必要なので、水道修理業者へ連絡してください。

■水道管の水のトラブル時の水道代

水道管から水漏れすると大量の水が放出されるため水道代が多くなります。水道料金は自己負担になるケースも多いです。故意に水道管を壊していない時は水道代を減免してもらえる場合もあります。減免制度を利用する際は、水道局の指定業者に専用の書類を用意してもらいます。減免制度が利用できない場合もあるので、詳しくは自治体の水道局に聞くとよいです。
また、水道管のトラブルは火災保険適用になる場合とならない場合があります。火災保険は水漏れによる家屋の損傷が対象となるため、水漏れだけでは条件をクリアできない可能性もあります。

■まとめ
水道管は年々もろくなり破損しやすくなりますので、ただの水漏れで済ますのは危険です。亀裂が入った部分にテープを貼って水が止まっても、根本的な解決になりません。道路側で起こった水のトラブルは水道局が対処してくれるケースもありますが、自分の敷地内で起こった際は個人で解決しないといけません。焦らず水道修理業者へ連絡してください。水道局指定の業者だと減免制度の手続きもしてくれる可能性もあり、安心して依頼できるメリットもあります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ