洗濯機の水のトラブルを起こす原因と対処法

洗濯機の水のトラブルは排水口で多く起こります。洗濯機の排水口に異物がつまると排水困難となり溢れ出てきます。洗濯機も動作が止まります。排水口に多い異物は衣類の糸くずです。人間の皮脂と洗剤の残りカスも洗濯機をつまらせる原因となります。目に見えない汚れも洗濯機の排水口に蓄積され詰まりを起こします。節水にはつながりますが、水のトラブルに関していうと、お風呂の残り湯には人間の皮脂が混ざっているため、洗濯時の再利用はおすすめしません。

■洗濯機が水のトラブルを起こす原因

斜めになったドラム式洗濯機は水の使用量が少なく水道代の節約効果が望めます。しかし水を流す勢いが少ないと糸くずなどのゴミが排水口で詰まりやすくなります。ドラム式洗濯機はゴミをキャッチするフィルターをこまめに掃除するとよいです。
洗剤をつめかえるパックの切り口が洗濯機の中に落ち、知らぬ間にゴミを排水口に流しているケースも多くあります。排水口は目の届きにくい位置にありますが、日ごろから異物が溜まっていないかチェックすることも大切です。

■洗濯機の水のトラブルの対処法

排水口のお手入れは個人でもできます。まず排水口がよく見えるよう洗濯機の位置を動かし、ゴミを除去してください。排水口にあるキャップを外しラバーカップなどで圧力をかけ詰まりを無くします。ラバーカップがなければ、重曹の後にお酢を流し入れ30分程放置する方法でもよいです。重曹とお酢が反応し汚れを浮かし、最後にお湯を流してすすぎます。排水口の掃除は月に1回程度は行うとよいです。掃除が終わったら、きちんと元の位置に洗濯機を戻します。
こまめに掃除をしても洗濯機の排水口が詰まる時は、大きな水のトラブルが起きている可能性もあるので業者に依頼し、本格的にチェックしてもらいましょう。排水口掃除だけなら基本料金で済むことも多いですが、高圧洗浄器など特殊な機械を使用すると別途料金がかかります。

■まとめ
洗濯機の排水口から水が溢れても焦らず対応することが大切です。早めに詰まりを発見すれば大きな水のトラブルを防げます。ドラム式洗濯機は節水にはよいですが排水口がつまりやすいので、衣類のポケットに物が入っていないか必ず確認してから洗濯しましょう。
洗濯機は毎日使用する家庭も多く、ライフスタイルにより早朝や深夜に使用する方もいます。洗濯機に万が一のことがあっても、24時間365日対応している業者を知っておくと焦らずに済みます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ